menu

初心者のウサギ〜飼育法〜

ウサギの仕草と気持ち!仲良くする為の知識

ウサギの仕草と気持ち
Pocket

ウサギは通常、おとなしくて鳴き声もあまり出しませんが、良く観察するとウサギも感情や気持ちしぐさ(仕草)や行動で表したりしています。

ウサギのしぐさ(仕草)や行動がどういう意味をもっているのか知る事で、よりウサギと仲良く過ごせるようになります。ウサギの個体差もありますが、基本的なしぐさ(仕草)や行動は同じなので把握しておきましょう。

短い尻尾をフリフリと振る:嬉しい時

ウサギが犬の様に尻尾を振る仕草は、犬と同じで機嫌が良い時、または嬉しい時の仕草です。

また、同じように機嫌が良い時、嬉しい時には尻尾振りの他にピョンピョンとジャンプをする時もあります。その他にも、嬉しくて体をねじるという仕草をすることもあります。

足をダンダンと床を踏み鳴らす:興奮している時

ウサギが後ろ足を使って、床等に打ち付けます。この行動は「スタンピング」と呼ばれ、興奮した時に行います。

また、野生のウサギの場合は仲間に危険を伝える時に踏み鳴らします。

ペットのウサギの場合には、何か「不満」があったり、「威嚇」をしている時に踏み鳴らします。基本的に興奮状態の時にスタンピングします。

鼻でクンクンとして来る:甘えたい時

飼い主に慣れているウサギは、「遊びたい時」「かまって欲しい時」に、この仕草をします。甘えてくる状態なので分りやすい仕草ですね。こんな時は撫でてあげたり、一緒に遊んであげましょう。

また、鼻でクンクンする以外に、ペロッと舐めてくることもあります。

伸びをしたり寝っころがる:リラックスしている時

人間が伸びをするような仕草や、お腹を床につけ横になっているのは、ウサギがリラックスしている状態です。

また、リラックスしているのであくび等をする事もあります。とても居心地が良い状態です。

立ち上がって、耳を立てる:警戒している時

ウサギが何かを警戒していたり、何か気になる音を聞いたりした時にする仕草です。

音の方向を確かめる為に、周りを見渡すようにキョロキョロしたり、耳を傾けたりしています。

少し、不安な状態であると言えます。危険がなければいつも通りに戻ります。


ウサギのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
うさぎに適しているウォーターサーバーはコレだけ!
ウサギの臭い対策!市販の消臭剤ではダメな理由!
ウサギ用品の通販メニュー


関連記事