menu

初心者のウサギ〜飼育法〜

ウサギのグルーミングが重要な理由とブラッシングのコツ

ウサギのグルーミングが重要な理由
Pocket

ブラッシングはウサギと飼い主のスキンシップでもあり、ウサギの見た目も良くして健康にも欠かせません。ブラッシングは週1回するようにすると良いでしょう。

ブラッシングをしないと抜け毛が散らばって、ウサギにも人間にも悪影響が出る可能性があります。

具体的には、毛が絡まってしまったり、新しい毛が生えるのを阻害してしまったりすることで皮膚病になる可能性もあります。

自然界では外で飛び跳ねることで抜ける毛が、室内ではほとんど抜けない状態です。

ウサギは自分で毛づくろいしますが、室内の場合抜け毛が多くなりウサギが飲み込んで「毛球症」という病気になる可能性もあります。

長毛種だけでなく短毛種も同じようにブラッシングが必要になります。

ブラッシングのコツ

グルーミングスプレー
グルーミングスプレーをかけて、毛になじむようにもみ込みます。

ブラシ
毛の流れにそってブラシをかけ抜け毛を取ります。

静電気スプレー
長毛種の場合はグルーミングの最初と最後にかけるとグルーミングしやすくなります。最後にかけると毛がまとまります。

 

自分でグルーミングが嫌な場合はプロに任せてみるという方法もありますが、それほど難しいわけではないので、自分で挑戦してみる方が経済的にも、ウサギとのスキンシップとしても良いです。

また自分でブラッシングする場合は、抜け毛対策にエプロンやマスクをするとブラッシングしやすくなります。
抜け毛やフケが人間の体内に入るとアレルギーになる可能性があるので入らないよう気をつけましょう。

ブラッシングに便利なブラシ

ブラッシングを嫌がるウサギが時々いますが、大抵の場合ブラシがあっていなくて嫌がりるのが理由です。ブラシがあっていないと痛がるのでウサギに合う痛くないブラシを見つける必要があります。

また、ブラッシングの時にはグルーミングスプレーを一緒に使うとウサギが嫌がりません。是非併せて行うようにして下さい。

ペット用ブラシ『フーリー』
これはフランス発のペット用ブラシで19分に1本売れているという人気のブラッシング用ブラシ

サイズは3種類で「S」「M」「L」とありますが、ウサギは「S」サイズで十分です。

参考動画がありましたのでご覧ください。

また実際にウサギに使った参考動画もありました。

ペット用ブラシ『フーリー』公式サイトはこちら


ウサギのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
うさぎに適しているウォーターサーバーはコレだけ!
ウサギの臭い対策!市販の消臭剤ではダメな理由!
ウサギ用品の通販メニュー


関連記事