menu

初心者のウサギ〜飼育法〜

爪切り?耳掃除?ウサギの体の手入れはどうやるべき?

ウサギの体の手入れ
Pocket

爪切り

ウサギの爪は野生では走り回っているうちにすり減って丁度良い長さに保てるのですが、人間にペットとして飼われているウサギはなかなか爪がすり減る事が無いので、伸びがちになります。

爪が伸びたままのウサギは足を痛めてしまったり自分の体に引っ掛け怪我してしまう可能性があります。

そうならない為にも定期的にウサギの爪をチェックし伸びたら爪切りをするように心がけましょう。

ウサギの爪は人間と違い、神経と爪が通っておりあまり短く(深爪)切ってしまうと、ウサギが痛がって暴れたり、爪から血が流れ出てしまいます。

ウサギの爪の血管は良く見れば解りますが、解りにくい場合は光で透かして見ると良く見えます。爪を切る時は血管がある所から数ミリ離して切るようにします。

爪切りは慣れないうちは二人で協力して切った方があんぜんです。一人がウサギを抱っこし軽く足を押さえるようにします。そしてもう一人が爪を切っていくようにすると比較的安全です。

慣れてきたら一人で切るようにします。一人の場合は膝の上に抱っこし切るようにします。また最初のうちはウサギがいつもいない部屋などで切ると、縄張り意識のある場所より落ち着いてくれます。

もし万が一ウサギの血管を切ってしまった場合に備えて止血剤を用意しておくのも良いかもしれません。出来るだけ使わないに越した事は無いのですけどね。

爪切りに余裕がある場合は最後にやすりをかけると、爪が滑らかになり、ウサギにも飼い主にも安心です。

耳の手入れ

ウサギの特徴でもある大きな耳ですが、何か臭いにおい汚れをそのまま放置すると病気になる可能性があります。ウサギの耳はいつもきれいな状態に保つようにしましょう。特にロップイヤーの垂れ耳は汚れても気がつかない事があるので、定期的に耳の中を見るようにしましょう。

耳の汚れが酷く耳垢がたくさんある時や、においがきつい場合は病気の可能性があるので、獣医さんに診て貰いましょう。

ウサギの耳掃除には耳用の洗浄液とペット用綿棒を使うとお手入れが楽です。

目の手入れ

ウサギの目に時々目ヤニやゴミがつく事があります。目ヤニはウサギが自分で毛づくろいしていると取れるのでそんなに頻繁に目の手入れは必要ありませんが、ウサギ自身で上手く取れない場合はとってあげましょう。

目の汚れには動物用目の洗浄液を使うと楽です。目はとてもデリケートなのでウサギを落ち着かせてから洗浄液を垂らすようにしましょう。そしてゴミが浮いてきたら軽くティッシュやガーゼで吸い取るようにとりましょう。無理にとろうとすると目を傷つける可能性があるので気をつけましょう。


ウサギのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
うさぎに適しているウォーターサーバーはコレだけ!
ウサギの臭い対策!市販の消臭剤ではダメな理由!
ウサギ用品の通販メニュー


関連記事