menu

初心者のウサギ〜飼育法〜

ウサギは暑さに弱い?寒さに弱い?季節別飼い方

季節別飼い方
Pocket

春と秋の飼い方

春と秋の季節は比較的過ごしやすくウサギにとっても過ごしやすい季節です。気を付ける事は、まだ季節の変った直後などの変わり目で昼と夜とで温度差があるので対策しておいた方が良いでしょう。

急激に温度が変るとウサギも体長を崩しやすくなります。健康な若いウサギならまだ安心ですが、年とったウサギや子供ウサギ、病気中のウサギや妊娠中のウサギには特に注意が必要です。

また季節の変り目でウサギは毛の生え変わりをします。長毛種のウサギは特にブラッシングを良くしておきましょう。

初めてウサギを飼う場合、春と秋の過ごしやすい時期に飼い始めるのが良いでしょう。

夏の飼い方

ウサギは暑さや湿気に弱い動物です。梅雨から夏にかけて、ウサギの環境管理には気をつけましょう。

ケージは通常風通しの良い所に置きます。もちろん直射日光の当たらない場所です。どうしても部屋の温度があがってしまう場合はエアコンをつけると良いでしょう。

エアコンを使うと楽に部屋の温度調節が出来便利です。エアコンをつける場合ウサギのケージに直接風が当たらないようにしましょう。最近ではペット用の冷却器具も売られているので上手く活用すると良いでしょう。
夏に気をつけるべき事がもう一つあります。
梅雨から夏にかけてケージ内では雑菌などが発生しやすくなっています。こまめに掃除しましょう。またエサで与えたペレットや野菜も腐りやすいので気をつけましょう。食べ残しは早めに捨てると良いと思います。

冬の飼い方

ウサギは寒さにも弱い動物です。夏と冬で比べると夏の方が苦手ですが、基本的には寒さも苦手だという事を知っておきましょう。

冬の寒さ対策として、ケージは窓の近くに置かない様にします。窓が閉まっていても隙間から冷たい冷気が入るので気をつけましょう。

それと床よりも高い位置にケージを置くようにすると安心です。冷気と暖気だと冷気が下に行き暖気が上にたまるからです。寒い日はケージに毛布をかけたり段ボールで囲って置くと少しは暖かくなります。

またケージの一部分に動物用のヒーターを置くと寒い時にウサギが温まる事が出来ます。ペットヒーターをケージ全体に置いてしまうと今度は、暑すぎた場合にウサギの逃げ場が無くなるので、ヒーターを置く場合は部分的に置きまましょう。

部屋全体を暖める暖房も良いですが、空気が乾燥するので、給水ボトルには常に水を確保しておきましょう。


ウサギのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
うさぎに適しているウォーターサーバーはコレだけ!
ウサギの臭い対策!市販の消臭剤ではダメな理由!
ウサギ用品の通販メニュー


関連記事