menu

初心者のウサギ〜飼育法〜

ウサギにとって必要不可欠!牧草について知ろう!

ウサギの牧草
Pocket

牧草にはイネ科マメ科があり、種類によって栄養素が違います。マメ科に代表されるのはアルファルファで、高たんぱく質、高カルシウム、高カロリーで、成長期のウサギに適しています。

イネ科に代表されるのはチモシーで、生後6ヶ月を過ぎた辺りからチモシーの量を増やすようにすると良いでしょう。

高齢のウサギにはチモシーの方が適しています。高齢のウサギへのマメ科の牧草は控えた方が良いでしょう。

牧草には1番刈り、2番刈り、3番刈りなどがあり、刈り取りの時期で呼び名が変り、柔らかさや成分も少し違います。

1番刈り→2番刈り→3番刈りと柔らかくなり、栄養は1番刈りが高くなります。どれが良いのかはウサギの好みもあるので一概には言えないです。

1番刈りの硬い牧草はあまり食べないウサギもいるようで、3番刈りの柔らかいのが好きなウサギが多いようです。

牧草の与え方

牧草は出来るだけ子ウサギの時から与えるようにすると成長しても良く食べてくれます。牧草は通常好きなだけ食べれるように牧草入れに常に入れておきます。

牧草はいくら食べても良いのですが、ペレットが多かったりすると牧草を食べない事もあります。

そんな時はペレットの量を減らして牧草を食べてもらうようにしましょう。それでも中々食べないウサギにはメーカーを変えてみたり、形が加工されてるものを与えてみます。または上から吊るしてみるのも興味を引き食べてもらえるかもしれません。


ウサギのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
うさぎに適しているウォーターサーバーはコレだけ!
ウサギの臭い対策!市販の消臭剤ではダメな理由!
ウサギ用品の通販メニュー


関連記事