menu

初心者のウサギ〜飼育法〜

CATEGORYウサギの健康と病気

熱射病

ウサギが熱射病!?症状・対策法とは?

原因 ウサギが温度の高い所にずっといると、体温が上昇して起こります。 症状 呼吸が激しくなり、ウサギがぐったりします。またヨダレを垂らしたり、赤い尿をする事もあります。 治療 ぐったりしたウサギを風通しの涼しいところへ移動し、冷た…

膿瘍

膿瘍(のうよう)って何!?症状・予防法を知ってウサギを守る!

原因 ウサギの傷から細菌が侵入し発症します。 症状 皮膚の下、関節、骨、目の周辺などにしこり(膿の固まり)が出来ます。 治療 病院で切開などの手術で膿を出し、消毒します。その後抗生剤を投与します。 予防 他の病気にかかり、免疫…

斜頚

重症化に注意!ウサギの斜頚(しゃけい)とは?

原因 スナッフルになったりパスツレラ症になったり、内耳炎や中耳炎を起こし平衡感覚を失った時や、首の筋肉、骨を傷つけてしまった時に起こる病気です。 症状 首が斜めに傾いたまま、元に戻れなくなります。また重症な場合は同じところをグルグル回…

骨折

扱いに要注意!!ウサギの骨折

原因 ウサギを高い所から落としてしまったり、ウサギを踏んでしまう事で骨折する事が多いです。 治療 病院で折れた骨を固定し安静に生活させます。骨折がひどい場合は手術が必要になる時もあります。 予防 ウサギを抱っこしようとした時にウサ…

乳がん

原因は遺伝!?予防はできる?ウサギの乳がん

原因 先天性の遺伝でなりやすいウサギがいます。またホルモンの異常でなります。 症状 乳腺にしこりが出来、進行するとただれて出血したりします。また肺やリンパ節に転移しやすい。 治療 病院で手術をし取り除きます。 予防 末期になる…

子宮内膜炎・子宮ガン

3歳を過ぎたメスは要注意!ウサギの子宮内膜炎・子宮ガン

原因 ウサギのメスは3歳頃を過ぎると子宮の病気をしやすくなります。 症状 陰部から出血したりします。 治療 初期症状の場合手術で卵巣や子宮を摘出します。進行していると手遅れになる事もあります。 予防 定期的に病院で健康診断をし…

尿石症

ウサギの尿に異変!?尿石症の症状・予防法とは?

原因 水分不足やカルシウムの取りすぎで、ウサギの尿路(肝臓、尿管、膀胱、尿道)に結石が出来る病気です。 症状 通常のウサギの尿は、黄色、オレンジ、赤褐色など様々な色の尿をしますが、尿に血尿が混ざってたり、出が悪くなります。また食欲もな…

パスツレラ症

ウサギの感染症!パスツレラ症の症状・予防法とは?

原因 パスツレラ菌(パスツレラマルトシダ)に感染するすると発症します。中には感染しても発症しないウサギもいますが、体力が低下し免疫力が低下した時に発症します。 症状 症状はスナッフルと同様に鼻水くしゅみ、せき、肺炎、皮膚炎、結膜炎、斜…

肺炎

ストレスも原因!?ウサギの肺炎

原因 細菌による感染で起こる病気です。また他の病気(ガン・心臓病など)が悪化した時にも起こる病気です。 症状 発熱したり、呼吸困難、食欲の低カなどの症状が出ます。 治療 病院で抗生剤の注射などで治療します。 予防 飼育環境の温…

スナッフル

ウサギの感染症!スナッフルの症状・予防法とは?

原因 パスツレラ菌や黄色ブドウ球菌などの細菌感染によって起きます。 症状 初期症状は鼻水、くしゃみといった風邪のような症状が出ます。 治療 病院で抗生剤を投与してもらい治療します。重症になると治療が困難になるので早めに病院へ行きま…

結膜炎

ウサギの目の病気!結膜炎とは?

原因 ウサギの目にゴミやほこり、細菌などが入り込むと発症します。 症状 ウサギの目から目ヤニ、涙が出る。まぶたが腫れたり、まぶたの裏が充血する。また目を痒がるようになります。 治療 点眼薬や軟膏で治療します。 予防 ケージ内を…

不正咬合

ウサギの歯は伸び続ける!?不正咬合(ふせいこうごう)の予防法

原因 ウサギの歯は一生伸び続けるのですが、牧草など歯を磨耗するような食事をしないと伸びすぎて噛み合わせが悪くなります。他にもケージを齧ったりし、歯を折ったり、細菌の影響でなる場合もあります。先天的な場合もあります。 症状 歯が上手く噛…

湿性皮膚炎

ウサギの毛が抜ける!湿性皮膚炎の予防法とは?

原因 ウサギの湿りやすい部位(あごの下、のど、背中のしわ、生殖器など)がブドウ球菌、緑膿菌などに感染すると発症します。 不正咬合でヨダレが垂れていたり、水に濡れていたりすると発症しやすい。 症状 皮膚から毛が抜け、赤く発疹したり、た…

耳ダニ

耳ダニが原因で悪臭!?ウサギの耳をチェックしよう!

原因 ウサギの耳にウサギキュウセンヒゼンダニというダニがつくと感染します。 症状 初期症状は耳が痒くなるため、耳をかいたり耳を振ったりします。そしてかさぶたが出来て耳が垂れ下がってしまいます。ひどくなると外耳炎になり悪臭が出ます。さら…

皮膚糸状菌症

ウサギにカビ!?皮膚糸状菌症(ひふしじょうきんしょう)とは?

原因 カビが皮膚に感染し皮膚炎を起こす事でなります。大抵不衛生な環境で起こる病気です。 症状 初期症状は頭や耳、手足等で毛が抜け落ち皮膚がカサカサに乾燥しフケが出たりします。進行するとウサギの全身に広がり痒がります。 治療 病院で…

ソアホック

ぽっちゃりウサギも要注意!ソアホックとは?

原因 ウサギの足には肉球が無いため、犬や猫のように上手く足への衝撃を吸収できないため、強い衝撃で炎症が起こります。また肥満で体重が重かったり、爪の伸びすぎ、老化でなる事もあります。 症状 初期の状態では、足裏の毛が抜けて無くなる事と発…

コクシジウム症

コクシジウム症からウサギを守る!予防法とは?

原因 肝臓または腸にコクシジウムという寄生虫が寄生すると感染します。 症状 激しい下痢を起こしたりします。若い(子供)ウサギが感染すると衰弱し死亡してしまう可能性もあります。 治療 病院で薬をもらいます。 予防 コクシジウム症…

食滞・鼓腸症

ウサギの便秘?食滞・鼓腸症(しょくたい・こちょうしょう)とは?

原因 ウサギがエサを食べ過ぎたり、傷んだエサを食べたりし、胃腸に食物やガスがたまるとなります。 症状 ウサギのお腹にガスがたまり膨らみます。フンが小さくなったり出にくくなります。 治療 病院で胃腸の働きが活発になる薬をもらい治療し…

毛球症

ウサギが衰弱!?毛球症(もうきゅうしょう)を予防しよう!

原因 ウサギが毛づくろいをしているうちに、飲み込んだりした毛が胃の中で固まりになり吐き出す事も出来ず毛球症になります。 症状 食欲がなくなり、フンの量も減ります。食欲が無くなりエサを食べなくなる為体が衰弱してしまいます。 治療 獣…

病気の種類

飼育初心者必見!知っておきたいウサギがかかる病気の種類

消化器の病気 ウサギの消化器は、食べ物が傷んでいたり、ストレスで体力がなくなった時に病気をしやすくなります。 ウサギには新鮮な食事を与え、適度な運動をし、あまりストレスの無い環境を作ってあげましょう。 毛球症(もうきゅうしょ…

健康チェック

ウサギの健康チェック!8カ所のポイントとは?

野生のウサギは病気や怪我をした時、弱っている姿を見られないように隠します。 それは他の動物に捕食されないようにするためでもあります。人間に飼われているウサギも同様に病気や怪我をしても隠す習性があります。そうなると気がつくと重病になって…