menu

初心者のウサギ〜飼育法〜

ウサギの年齢別に食事内容を変える!?その理由とは?

ウサギの年齢と食事
Pocket

ウサギは成長期や老化で体質が変ってくるため、食事も年齢に合わせバランスの良い食事を与えた方がウサギも健康に過ごせます。

小さい時と年とった時で同じ物を食べていると、栄養のバランスを崩してしまうので気をつけましょう。

生後~半年

ウサギの赤ちゃんが乳離れをするのは生後3週間辺りなので、その時には柔らかめの牧草砕いたペレットを与えましょう。

そして半年くらいまでの間は、ペレットを好きなだけ与え牧草もマメ科のアルファルファとイネ科のチモシー1番刈りをミックスして与えます。

半年~1歳位

この頃から牧草メインで与えるのですが、マメ科のアルファルファを減らし、イネ科のチモシーを多くします。

ペレットの量も減らし体重の3%~5%位にします。赤ちゃんの頃と同じように与えるとカロリーオーバーするので肥満になりやすくなります。

1歳~5歳位

この時期は大人ウサギの時期なので、牧草は低カロリーのチモシーだけを与えます。

ペレットは体重の3%位にします。4歳辺りから尿石症の結石が出来やすいのでカルシウムを控えた食事にしましょう。

5歳以上

5歳になるとウサギは老年期で老ウサギの時期です。食事もカロリーを抑えた食事にしましょう。

ペレットも出来たらシニア用のペレットに切り替えると安心です。もし足りない栄養などあったらサプリメントで補うのも良いでしょう。

ただしサプリメントは補助食なのでメインはペレットと牧草にします。


ウサギのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
うさぎに適しているウォーターサーバーはコレだけ!
ウサギの臭い対策!市販の消臭剤ではダメな理由!
ウサギ用品の通販メニュー


関連記事