menu

初心者のウサギ〜飼育法〜

ウサギの毛が抜ける!湿性皮膚炎の予防法とは?

湿性皮膚炎
Pocket

原因

ウサギの湿りやすい部位(あごの下、のど、背中のしわ、生殖器など)がブドウ球菌緑膿菌などに感染すると発症します。
不正咬合でヨダレが垂れていたり、水に濡れていたりすると発症しやすい。

症状

皮膚から毛が抜け、赤く発疹したり、ただれます。進行すると潰瘍になる事もあります。

治療

皮膚炎になった部位を洗浄、消毒し乾燥させ抗生剤などを塗ります。不正咬合の場合は不正咬合も治療します。

予防

飼育環境を清潔に保ち湿気のこもらない所にケージを置き、風通しを良くします。またウサギの体が濡れたままにならないようにします。ウサギの飲み水もお椀のような器では無く給水器(ボトル)にします。


ウサギのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
うさぎに適しているウォーターサーバーはコレだけ!
ウサギの臭い対策!市販の消臭剤ではダメな理由!
ウサギ用品の通販メニュー


関連記事